油山市民の森からのお知らせ

油山市民の森からのお知らせ

2019/08/22 油山探検記
油山探検記登山編 Vol.5急階段の先には

中央展望台から油山方向に歩いて1分もかからないうちに、道しるべ番号72番の看板がありました。この場所から油山に向かって登山開始です。 さて、ここからは長い階段と登りが続きます。一呼吸をしてから登りはじめました。ところどころにイスが設置されているので、休憩しながら登ることができます。 登山道の脇には、大きな倒木が並んで置いてありました。この付近は風が通らずじめじめしていて、倒木の切り口に...

つづきを見る...

2019/08/14 油山探検記
油山探検記登山編 Vol.4気持ちい風

61番の道しるべから、道沿いに歩いていきます。この場所は、「花木園」といわれるところ。春には、サクラやツツジ、フデリンドウなど様々なお花が咲きます。 ちょっとした石段を上っていくと、道の左右にはたくさんの木々が日陰をつくってくれていました。 山道を上り続けていると、68番の看板がたっている道路へとたどり着きました。中央展望台はあと少しです。 ツツジの道を歩くと目の前に中央展望台が...

つづきを見る...

2019/08/06 油山探検記
油山探検記登山編 Vol.3ちょっくら、寄り道

地図を手に入れ、準備も万端。 歩いている途中にピンク色のかわいらしい花がたくさん、一枚一枚螺旋階段のように頂上まで伸びていました。 「ネジバナだっ」 ネジバナは、比較的身近に見られるランの仲間。ピンク色でとてもかわいらしいですね。(たまに白色があります) ネジバナ 6月から7月ごろ。芝生や湿地帯の明るい場所に見られる多年草。別名はでモジズリ(※捩摺)といわれることがある。 ...

つづきを見る...

2019/07/30 油山探検記
油山探検記登山編 Vol.2地図を入手 

油山に登る前に…地図を入手しに行きます。 油山市民の森の地図は、事務所や自然観察センター(ネイチャーセンター)に置いていて、自由にもらうことができます。 事務所では、売店の中に地図があります。 自然観察センター(ネイチャーセンター)の中にも地図が置いてあります。 そして、手に入れた地図を持って登山開始です! まずは、この地図上では、61番の道しるべ番号から入っていくみたいですね。...

つづきを見る...

2019/07/23 油山探検記
油山探検記登山編 Vol.1油山(Aコース) 

はじめに、“油山”とは… 古い文献によると、油山の歴史は今から約1400年ほど前に清賀上人(せいがしょうにん)という西城(中国のはるか西方の国々インドなど)からきた僧が、油山の中腹にお堂をたて千手観音像を刻んで観音堂を建てたときから始まりました。この清賀上人は油山で椿を栽培して実から油を搾って怡土諸寺(糸島方面のお寺)に配っており、そこでこの地が油山といわれるようになったそうです。 (参考...

つづきを見る...

2019/07/15 油山探検記
油山探検記Vol.17 そして、明日に向けて

さて、今日も一日が終わろうとしている… 帰る準備も整い、明日の準備も整った。 明日からは、実際に油山に登る日。 どんな物語があるのだろうか… 7月23日からは、油山探検記の新章“油山登山編”が始まります! ここでは、実際に油山に登ったときに見られたいきものたちや登山道の状況まで幅広く紹介していきます。ひとまず、油山探検記のご愛読ありがとうございました。そして、新章“油山登...

つづきを見る...

2019/07/09 油山探検記
油山探検記Vol.16 帰る準備

事務所に帰ってきた二人。 菌探偵(くさびらたんてい)の仕事は終わった…。 机の上にある資料や、かたづけをして、家に帰る準備をしていた。 「きのこちゃん、これ何?」 施設内にある、魚の水槽になにやら赤いものがついている。 「なんだろうね…菌類じゃなさそう」 よく見てみると… 赤い模様が点々とついていた。 一見赤い模様は不気味にも見えるが、大小さまざまな形があるということは...

つづきを見る...

2019/07/03 油山探検記
油山探検記Vol.15 大量のきのこ

「これは!」 クヌギの切り株を多い尽くす、このきのこ… 全体は荒い白毛に覆われ、肉質は頑丈。ちょっとの力ではきれいに裂くことが出来ない。 「ここまで生えまくると、さすがに引くかもね。」 アラゲカワキタケ 九州では4月から秋にかけて見られる。全体的に毛深くて、肉質が頑丈で強いきのこ臭がある。 広葉樹の倒木・切り株などに生えるが、特にクヌギによく生えているのを見かける。 切り...

つづきを見る...

2019/06/26 油山探検記
油山探検記Vol.14 合流

ようやく合流できた二人。 結局、助手のきのこっちは1時間以上まっていたものの、怒ることなくきのこちゃんを迎えた。 「きのこちゃん!おつかれ!」 「きのこっち、ばりばり待たせてごめんね…」 「いつものことだから問題ないよ。それよりも出会いの時間を大事にしなきゃね。」 助手のきのこっちは、年齢が変わらないものの経験をつんだ大人の人のような話し方をする。もしかして、実は長生きしてるかもしれ...

つづきを見る...

2019/06/18 油山探検記
油山探検記Vol.13 待たされる助手

舗装道路を歩きながら周りを見渡していると、ひときわ首を長く伸ばした植物が数本出ていました。それは空に向かって長く伸び、可憐な花を咲かせていました。 ソクシンラン 日当たりの良い草地や人里に生える多年草で、だいたい4月から5月ごろ、小さな花が咲く。花や長く伸びた茎には微小な毛に覆われる。 ソクシンランを発見! 拡大してみると… 6月、花は終わり※蒴果(さくか)が出来てい...

つづきを見る...

Access・Inquires アクセス・お問い合わせ
一般財団法人 
福岡市市民の森協会(指定管理者
〒811-1355 
福岡県福岡市南区大字桧原855-4
[管理事務所] 092-871-6969 092-801-1463 aburayama@shimi-mori.com 9時~18時(年中無休)
[自然観察センター] 092-871-2112 9時~16時30分(月曜休館)
交通アクセス