油山市民の森からのお知らせ

油山市民の森からのお知らせ

2021/11/05 きのこ豆知識
スギヒラタケ(杉平茸)


■生える時期
8月から10月頃に発生します。(福岡県内では12月まで見られることがあります)
■生える環境
木材腐朽菌。スギ、マツなどの針葉樹の切り株や倒木に重なり合って生えています。
↑枯れたアカマツにびっしり生えていたスギヒラタケ。
■特徴
↑きのこの大きさは2センチから7センチほどで、全体が真っ白い色をしています。
↑森の中の湿気が高い場所(渓流沿いやコケ植物が多く生えるような場所)で見られることが多いです。
↑きのこの形は扇形やへら型で肉は薄く、縁部は内側に巻きます。粘性はありません。

↑ひだは幅が狭く密生しています。
■スギヒラタケに集まる昆虫たち
スギヒラタケを観察していると、さまざまな昆虫たちを観察することができました。
↑ちょっと肌寒くなった森の中でしたが、キノコバエの仲間たちがぶんぶんとんでいました。
↑ショウジョウバエの仲間。スギヒラタケをポンッと叩いてみたり、人が通ったりすると一斉に飛び立っていました。
↑ヒダの撮影をしていると、ヒダのすき間(黒っぽいもの)に何やら動くものが…
↑ハネカクシの仲間がヒダのすき間に挟まっていたり、きのこの周りをちょこちょこ歩き回ったりしていました。
■昔食べれるきのこだった「スギヒラタケ」は今や毒きのこに…

かつては、スギヒラタケは食べられるきのこと考えられてきました。
日本では東北、北陸、中部地方を中心に野生のものが広く食べられてきており、きのこちゃんの地元福岡でも秋の味覚として楽しんでおられる人を見たことがあります。しかし、平成16年以降、スギヒラタケを食べたことが原因と考えられる病気(急性脳症:意識障害やけいれんが主な症状)が多数報告されるようになりました。
スギヒラタケの摂取との関連が疑われる急性脳症は、平成16年に初めて国内で報告され、東北、北陸、中部地方を中心に約60名が発症し、そのうち19名の死亡が確認されています。しかし、それ以前にも、スギヒラタケがよく食べられてきた地域では同様の特徴を持つ脳症の発症事例が複数あったことが確認されており、スギヒラタケ摂取に関連する急性脳症は平成16年以前から風土病的に存在していた可能性が指摘されます。急性脳症は、死亡することや後遺症が残ることがある病気です。
スギヒラタケを食べた直後に脳症と考えられる症状が出た患者のなかには、それまで何度もスギヒラタケを食べた経験があった人や少量しか食べなかった人も含まれていました。現時点では、スギヒラタケが採れた地域や採れた年の違いによって安全性に違いがあるかどうか、安全な食べ方があるかなどはわかっていません。
(農林水産省HPよりhttps://www.maff.go.jp/j/syouan/nouan/rinsanbutsu/sugihira_take.html
地方名
スギカノカ、カノカ、スギボタシ、スギワケ、スギワカオイ、ワカイ、スギヒラ、スギナバミミゴケ、ユキタケなど…
参考
キノコの学校 第一講「食用キノコから猛毒キノコに転落!?スギヒラタケ中毒の謎を追う」https://www.bepal.net/news/53609
製作協力/DogaLABO
Access・Inquires アクセス・お問い合わせ
一般財団法人 
福岡市市民の森協会(指定管理者
〒811-1355 
福岡県福岡市南区大字桧原855-4
[管理事務所]
TEL
092-871-6969
FAX
:092-801-1463
MAIL
aburayama@shimi-mori.com
対応時間
:9時~18時(年中無休)
[自然観察センター]
TEL
092-871-2112
対応時間
:9時~16時30分(月曜休館)
交通アクセス