油山市民の森からのお知らせ

油山市民の森からのお知らせ

2020/11/06 きのこ豆知識
シロコップタケ


■時期
秋(福岡県では9月から10月頃)
■生える環境
照葉樹林内、表面が黒色に腐朽した広葉樹の倒木や落枝に見られます。湿気の多い環境を好み、乾燥した場所では見つかりません。
■特徴
亜熱帯地方に広く分布していて、福岡県では秋にしかまだ見られてませんが、沖縄県では春から秋に見られるようです。本州でも見つかっているようですが、少ないと聞きます。

形は、コップのような形で全体は白い。

高さは2センチほどで柄があります。普通柄は短く確認しずらいですが、時に1.5センチほど長く出てくることもあります。(こういう場合は、だいたい発生している材木が地中に埋まっていることが多いです)発生している材木は偽菌核プレートと呼ばれる構造になっていて、木材は固く折れにくくなっています。(偽菌核プレートを作る種類は他にも存在するので必ずしもシロコップタケとは限らない)


さいごに
シロコップタケは名前の通り白いコップのようなきのこです。見た目が変わっているからすぐに見つかりそうな感じですが、これがなかなか見つからない…。私たちは住みやすい場所があります。きのこにも、住みやすい土地はあります。きのこが生える環境にお邪魔すると、きのこによって環境の感じ方もちがうのです。
参考
<書籍>
宮崎のきのこ(みやざき文庫 黒木秀一 著)
新装版YAMA-KEI FIELD BOOKS7きのこ(本郷次雄 上田俊穂 著)
製作協力/DogaLABO
Access・Inquires アクセス・お問い合わせ
一般財団法人 
福岡市市民の森協会(指定管理者
〒811-1355 
福岡県福岡市南区大字桧原855-4
[管理事務所]
TEL
092-871-6969
FAX
:092-801-1463
MAIL
aburayama@shimi-mori.com
対応時間
:9時~18時(年中無休)
[自然観察センター]
TEL
092-871-2112
対応時間
:9時~16時30分(月曜休館)
交通アクセス