油山市民の森からのお知らせ

油山市民の森からのお知らせ

2020/08/21 きのこ豆知識
キツネノハナガサ(狐花笠)


■生える時期
夏から秋(特に雨の日の翌日に多い)
■生える環境
腐生菌。熱帯性のきのこで各種林内地上、花壇、プランターにも生えることがあります。
■特徴
とても可憐で弱々しいきのこですが、まるでガラス細工のように美しいきのこです。
幼菌は全体的にレモン色の粉をつけています。

成長すると、粉はどんどん落ちてしまいますが、傘のヒダの峰(傘は薄く、ヒダが浮き上がっているように見えます)のところに薄くレモン色の粉を付着させています。

■美しい姿はほんの数時間
福岡県では普通にみられるきのこですが、美しい姿を見られるのはほんの少しの時間だけです。そのため、その姿を見ることができたあなたはラッキーなのかもしれません。

■さいごに
意外ときのこって、身の回りにいたりする…当時は、
「うそやん」
と一言。しかし、きのこを勉強している今は、
「意外とね、きのこってね、身近にいるんよ」
と言っている自分がいました。
■参考
日本のきのこ(山と渓谷社 今関六也・大谷吉雄・本郷次雄 編解説)
製作協力/DogaLABO
Access・Inquires アクセス・お問い合わせ
一般財団法人 
福岡市市民の森協会(指定管理者
〒811-1355 
福岡県福岡市南区大字桧原855-4
[管理事務所]
TEL
092-871-6969
FAX
:092-801-1463
MAIL
aburayama@shimi-mori.com
対応時間
:9時~18時(年中無休)
[自然観察センター]
TEL
092-871-2112
対応時間
:9時~16時30分(月曜休館)
交通アクセス