油山市民の森からのお知らせ

油山市民の森からのお知らせ

2021/04/07 ブログ
【油山に集う人】野遊びサークル のびのび

みんな油山市民の森でどう過ごしているの?をちょこっとご紹介する「集う人」ブログ。
今回は月に1,2回子どもたちが「仲間と森で遊ぶ」ために集っている野遊びサークル「のびのび」さんをご紹介します♪

のびのびさんの発足は4年前。主宰者は当時年中さんと3歳の息子を持つ土屋さん。
南区に引っ越してきてこんな近くに森があることにとても驚いたそう。そしてこの森で子どもたちを遊ばせよう!と決意。だけど、やんちゃ盛りの息子2人を1人で見るのは大変。母は疲労困憊。遊び方も限られてきます。

そんな時思い出したのは、異国で子育てに奮闘するママ友たちでした。
実は土屋家、福岡以前は2年弱という短い間ですが台湾に住んでいました。見知らぬ地でワンオペ育児は精神的にかなり参りました。でもそこで出会い、手を差し伸べてくれたのは同じくパートナーの仕事に帯同してきたり、国際結婚して台湾で子育てしている日本人母たち。日本では当たり前にできる日本的子育て(外遊びをたっぷり、日本ならではの季節行事に触れるなど)は異国では難しかったりするのですが、彼女たちは望む環境を「仲間とつながる」事で形にしていて、孤独感も跳ね飛ばし、それはそれはとてもパワフルで格好良かった!のです。

そうだ!思い描く場を自分で作ればいい!
1年を通して森で遊ぶ「仲間」を集めてみよう!
そこで掲げた看板は「森のようちえん のびのび」
本当の幼稚園ではないけれど、全国各地で活動している森のようちえんのような場になればと、そして台湾時代にお世話になった外遊びサークルの名前をいただいてこの名前となりました。

ドキドキしながら、いざ始めるとなると長男のクラスメイト20組近くがエントリー!!



以降、参加できる時に参加できればOK!というスタンスで、森歩きや沢あそび、ロープで崖下り、秘密基地づくり、コロナ禍前は、たき火でバウムクーヘンづくりなど、いろんな遊びを通して森の中で過ごしてきました。



そして年中だったメインメンバーもこの4月で小学校3年生!
年齢も高くなってきたので、最近はナイフワークやノコギリ、薪割りなど野外技術も遊びの中に入ってきました。かつ母たちにとっては、卒園後時々会える同窓会的な場にもなっています。


1家族ではできないことが、仲間と繋がることでいろんなことにチャレンジできるようになりました。今、息子たちにとって油山市民の森はたくさんの思い出がつまった場所になりつつあります。そして同じく母にとっても、どこにも代えがたい大事な場所となりました。

そんな主宰者の母は、実はこののびのびがご縁で、今では油山市民の森自然観察センターのスタッフとなり、只今このブログを書いております。恐縮です!


南区に引っ越して来た時、こんなに近くにこんなに自然豊かな森がある、という事にとても感動しました。そんな私も最初は遊び方が分からず、息子たちとうろうろしてました。
もしそんな方がいたら是非センターでお声がけ下さい。お子さんと遊ぶおすすめの場所、おすすめの遊び、お伝えできることがあったらとても嬉しいです。

そして、この森の中に、行けば誰かに必ず会える、お母さんにとっても、お子さんにとってもホームである、みんなの自由な「遊び場」を創れたらなと思います。

途中からスタッフコラムみたいになってしまいましたが、以上、集う人ブログでした♪
Access・Inquires アクセス・お問い合わせ
一般財団法人 
福岡市市民の森協会(指定管理者
〒811-1355 
福岡県福岡市南区大字桧原855-4
[管理事務所]
TEL
092-871-6969
FAX
:092-801-1463
MAIL
aburayama@shimi-mori.com
対応時間
:9時~18時(年中無休)
[自然観察センター]
TEL
092-871-2112
対応時間
:9時~16時30分(月曜休館)
交通アクセス