油山市民の森からのお知らせ

油山市民の森からのお知らせ

2022/06/29 お花情報
山野草の「盗掘」について

梅雨明けした油山。続々と夏を告げるお花たちが咲き始めています。ひとつ、またひとつ咲いては終わりを繰り返すお花たちの動きを追いかけていると、森の目まぐるしい動きを感じることができます。



春もたくさんの山野草が咲きました。「きれい!」と喜ばれるたくさんの方の笑顔に会いました。実際、森の木漏れ日の中で出会う花たちはどれもとても美しかったです。
と同時に聞こえてきたのは「今日いつもの場所に行ったら〇〇(山野草の名前)が無くなっていた」という常連さんや巡視員さんからの報告です。植物が消えてしまう原因は、環境の変化や野生動物の影響など様々ありますが、心配なのは、一部の希少植物への「盗掘」です

希少な山野草を株ごと持ち去る「盗掘」をされてしまうと、もうそこには何も残りません。
ダメージがあるのは盗掘された山野草だけではありません。生き物は必ず何かしらの生きものたちと網目のようにつながっています。「生態系」というものです。植物であれば確実にそこに関わる昆虫なり菌類なり生きものがいるはずです。今まで存在していた植物が無くなることで、その場所の生態系ごと姿を消してしまっている可能性があります。


この「盗掘」を防ぐために自然観察センターでは希少植物に関しては情報の開示をしないようにしています。
お問合せに対して「お伝えすることができない」とお話しすると、残念そうに帰って行かれる方、明らかに気分を害されて帰って行かれる方、色々いらっしゃいます。本当に申し訳ありません。植物保護のためご理解いただければ幸いです。

盗掘をするのはごく一部の方。それ以外の大部分の方たちは純粋に森の中での鑑賞を楽しまれていらっしゃいます。

どうか山野草の盗掘はお控えください。

そしてもうひとつ、皆様にお願いです。
ブログやSNSなどで希少な植物の具体的な位置情報を発信することが「盗掘」する人の情報源になる場合があります。
スマホで撮った写真には位置情報データが紐づけられていることがあり、写真をやりとりしたり、様々なアプリにアップすることで、無意識に撮影位置を公開してしまっているケースがあるのです。スマホで撮影した写真の取り扱いには注意が必要です。


この「盗掘」問題は油山に限らず、多くの山で問題となっています。
山野草が好きであれば手元に置こうとせず、どうかこのまま森でその姿を一緒に楽しみましょう。油山の山野草も多くの方が長年大事に見守りつづけ、その開花を心待ちにしています。
どうかどうぞご理解ご協力のほど、よろしくお願いいたします。




文章:小川
Access・Inquires アクセス・お問い合わせ
一般財団法人 
福岡市市民の森協会(指定管理者
〒811-1355 
福岡県福岡市南区大字桧原855-4
[管理事務所]
TEL
092-871-6969
FAX
:092-801-1463
MAIL
aburayama@shimi-mori.com
対応時間
:9時~18時(年中無休)
[自然観察センター]
TEL
092-871-2112
対応時間
:9時~16時30分(月曜休館)
交通アクセス