油山市民の森からのお知らせ

油山市民の森からのお知らせ

2021/02/07 ブログ
どんぐりコーヒーってどんな味!?

森でたき火をしながらコーヒーを飲む?

読んだらわかる!おいしいやつやんっ!!!

ではではこれは想像つくでしょうか??
森でたき火しながら「どんぐりコーヒー」を飲む

どんぐりで作ったコーヒー。つまり、どんぐり味のコーヒー。

???どんぐり味....???

はぁあぁぁぁっぁぁあああっ????

なんとなく渋そう?もしかして栗みたいな?
それとも土の味?意外とコーヒー味?


ということで、今更感がたっぷりですが、本日は12月のとある日に油山市民の森で実施された「どんぐりコーヒーを淹れてみよう」イベントからどんぐりコーヒーの作り方とそのお味を!!レポートしたいと思います。


●どんぐり珈琲の作り方●

まずは、マテバシイをゲット♪
一人10粒あればいい感じ♪
虫食いどんぐりは事前に取り除いておきましょう
(水に浮かべて浮いたやつはクロです!)

炒ってみる

今回は事前に炒って、殻を割りやすくしました。

殻を割って実を取り出す

ペンチを使って、みんなほぼ無言

すり鉢でスリスリ

個性が出たのがここ!
まるで粉雪のようなさらさら加減まで
極めた方と、粗削りな方がおりました。
あなたはどっち!

ふるいにかけて、さらに炒る

白っぽい粉が、しだいにコーヒー色に!!

レッツドリップ!
今回教えてくれた山田さんいわく結構濃厚なので
一人当たり小さじ1杯がいい感じ。

あとは珈琲と同じ、ちょっと蒸らしてから、お湯を注ぐと、、、

完成!!!

見た目は120パーセントコーヒーの粉の色!
においはたき火で炒ったのもあるのか、ちょっと香ばしい感じ。

そしてついにお味はっ・・・!!!!???

先に飲んだ参加者の方の反応は
「ん!?」
「あ!?」
「ほうぅ!」


え!?なになに?分かんないっ!?
もだえるスタッフを横目に、次に来たのが
「これは、、、お茶だ!」
「うん!ほうじ茶みたい!」




たまらずセンタースタッフも飲んでみましたよ。
先に飲んだ女性スタッフ「んっ!?あまいっ!あまいかもっ!??」

全く予想できないまま、私もひとくち口に含ませてみました。
すると、「あ、あまい!!!!」

なんということでしょう!(ビフォーアフター風)

最初に口に広がるのは、どんぐりの自然なあまさ。自然だけどしっかりあまい。
これにはびっくりしました。
「俺!俺!見て!これ俺!」みたいな押しの強い甘さでなく、
ふんわり感じる優しい甘さ。

そしてその甘みが消えると同時に、香ばしさがやって来ました。
ほうじ茶に片足突っ込んでるけれど、100パーセントほうじ茶ではない感じ。

味だけでいうと「どんぐりコーヒー」より「どんぐり茶」といったところでしょうか。

そして、どんぐり拾いから、殻を剥き、粉にし、たき火で炒る過程を経て、
そのひとくちは身体にしみわたる優しい美味しいお味でした。

どうにもこうにも想像がつかん!という方、
ぜひマテバシイをゲットした際にはどんぐりコーヒーをお試しください。
超絶おすすめです!!!!!!!

そして福岡市南区にある油山市民の森では、こんなマニアックな企画も!
ほかにもいろいろイベントやってます♪
ぜひ「行事」コーナーをご覧くださいませませー♪
Access・Inquires アクセス・お問い合わせ
一般財団法人 
福岡市市民の森協会(指定管理者
〒811-1355 
福岡県福岡市南区大字桧原855-4
[管理事務所]
TEL
092-871-6969
FAX
:092-801-1463
MAIL
aburayama@shimi-mori.com
対応時間
:9時~18時(年中無休)
[自然観察センター]
TEL
092-871-2112
対応時間
:9時~16時30分(月曜休館)
交通アクセス