油山市民の森からのお知らせ

油山市民の森からのお知らせ

2021/02/05 きのこ豆知識
シックイタケ(漆喰茸)


時期
一年中観察することができます。
生える環境
白色腐朽菌で、スギやヒノキなどの針葉樹の枯れ木上に生えます。
↑シックイタケが大量に生えた木
特徴
傘は半円形で柄はありません。ときに、重なって棚形に生えることがあります。

傘の幅は、3センチから5センチほど。表面は白い色、またはクリーム色。古くなった個体には、藻類が付着して緑色に染まるものもいます。
↑緑色(藻類)に染まった個体

管孔面は白色、孔口は小さいです。

東アジア特産種と言われていますが、日本国内では最も普通の種類です。
■シックイタケの生える木
シックイタケは白色腐朽菌で、スギやヒノキにとっては「木を枯らしてしまう」きのこのひとつになります。
↑一見普通の木に見えますが…

写真を見てみると、健康な木々は一直線に立っていますが、真ん中の「シックイタケが生えた木」では、頂点付近が大きく反り返り、樹皮ももろくなっていました。
■名前の由来
石灰茸とも呼ぶそうです。木の幹にびっしりと、まるで白いペンキを塗ったような感じに見えることからこの名前が付きました。

↑シックイタケの「傘」が無い個体
「漆喰(しっくい)」とは

日本古来の塗り壁の素材。消石灰に、繊維質のわらや麻糸などと糊(のり)を加え水で混ぜたもの。外壁や屋内の壁・天井などの仕上げ、または石や煉瓦(れんが)などの接合に用います。
参考
「山渓フィールドブックス7きのこ」(監修・解説 本郷次雄)
「追補 北陸きのこ図鑑」(著・イラスト 池田良幸)
製作協力/DogaLABO
Access・Inquires アクセス・お問い合わせ
一般財団法人 
福岡市市民の森協会(指定管理者
〒811-1355 
福岡県福岡市南区大字桧原855-4
[管理事務所]
TEL
092-871-6969
FAX
:092-801-1463
MAIL
aburayama@shimi-mori.com
対応時間
:9時~18時(年中無休)
[自然観察センター]
TEL
092-871-2112
対応時間
:9時~16時30分(月曜休館)
交通アクセス