油山市民の森からのお知らせ

油山市民の森からのお知らせ

2020/12/11 きのこ豆知識
カワラタケ(瓦茸)

■時期
一年中その姿をみることができます。
■生える環境
白色腐朽菌で、材を白く腐らせます。広葉樹・針葉樹、ベニヤ板などさまざまな場所で見ることが出来る身近なきのこのひとつです。全世界に分布するもっともふつうのきのこです。
↑針葉樹の階段に生えていた赤っぽいカワラタケ。
■特徴
傘は半円型、強靭な革質、多数重なり合って群生し表面は多彩な色を表しますが黒っぽいことがおおいです。

↑傘の表面は短い毛で覆われていて、乾燥しているときは光が反射して光沢があるように見える。

↑裏側は管孔で白いですが、古くなると黄土色になります。裏をひっくり返すとよくキノコムシがカワラタケを食べています。
■カワラタケ遊び
カワラタケは環境によって色や形が様々で、なかなか観察していておもしろいきのこのひとつです。そんなカワラタケで遊んでみました。
↑カワラタケで着せ替えごっこをしてみました。今回の舞台は、白鳥の湖をイメージして描いてみました。
ちなみに野外では、ちょっと変わったカワラタケが生えていることもあります。
↑緑色のカワラタケを発見!でも、これは、カワラタケの傘の毛に、緑藻類が住みついているからこの色になっています。
■名前の由来
傘が重なり合って生える姿を瓦屋根に見立てたことに由来します。

■薬としてのカワラタケ
古くから 胃癌,食 道 癌,乳 癌,前 立 腺 な どに 効 く和 漢 薬,民 間 薬 と して 伝承され使用されてきた一般的な菌ですが、抗がん物質を含み薬用としても使用されていますが、同時に毒成分も含むことがわかりました。そのため現在は薬効も疑問視されています。
■さいごに
気が付けばあっという間に今年が終わろうとしています。「きのこちゃんのきのこ図鑑」も番外編を含めると計35回も配信することが出来ました。いままでにできなかった挑戦は、様々な人たちの協力により実現されここまで続けてこれたことにほんと感謝です。来年からは、内容もアニメも充実した作品が作れるように頑張ります!みなさま、これからもよろしくお願いいたします。(来週は2週にわたり、これまで流してきたアニメの配信です。お楽しみに!)
■参考
「山溪カラー名鑑 増補改訂新版 日本のきのこ」(山と渓谷社)
「北陸のきのこ図鑑」(池内良幸著 橋本確文堂)
日本のきのこ(山と渓谷社 今関六也・大谷吉雄・本郷次雄 編解説)
製作協力/DogaLABO
Access・Inquires アクセス・お問い合わせ
一般財団法人 
福岡市市民の森協会(指定管理者
〒811-1355 
福岡県福岡市南区大字桧原855-4
[管理事務所]
TEL
092-871-6969
FAX
:092-801-1463
MAIL
aburayama@shimi-mori.com
対応時間
:9時~18時(年中無休)
[自然観察センター]
TEL
092-871-2112
対応時間
:9時~16時30分(月曜休館)
交通アクセス