油山の野鳥たち

油山の野鳥たち

留鳥
Resident Bird

一年中油山にいる鳥さんたち。
油山大好き!

  • アオゲラ【緑啄木鳥】

    ヒヨドリ大のキツツキ。背はくすんだ緑色。オスは額から後頭にかけて赤くメスは後頭が赤い。声はケケケッ、繁殖期にはピョー!と鳴く。木をつつく音は、機械で叩いているような迫力がある。

    場所: 登山道/作業小屋/センター

  • hoge

    アオバト【緑鳩】

    黄色と緑のグラデーションが美しい。オスは肩が赤紫色。オアーオーと犬の遠吠えのような声で鳴く。油山では神出鬼没で観察記録も少ないが、特に4~5月に観察される傾向がある。

    場所: -

  • hoge

    イカル【桑鳲・鵤】

    ヒヨドリより少し小さく、よく群れで行動する。黒い顔と黄色の太いクチバシ。声はキョキョキョ、繁殖期にはキーヨコキーとのびやかにさえずる。クスの広場のモミジバフウの枝先がお気に入り。

    場所: センター/花木園

  • hoge

    ウグイス【鶯】

    スズメ大。全身暗い茶色で、目の上に白い眉状の模様。植え込みやヤブの奥で、チャッチャッチャと鳴く。繁殖期にはホーホケキョとさえずる。声は有名だが姿をみるのは難しい。

    場所: 花木園/センター/もみじ谷

  • hoge

    エナガ【柄長】

    スズメよりぐっと小さいピンポン玉のような体に長い尾羽。ジュリッジュリッ・ツリリリと鳴きながら群れで行動する。エナガの群れを数種の野鳥が追従する「混群」を観察するのは最高の贅沢。

    場所: センター/花木園/作業小屋

  • hoge

    キジバト【雉鳩】

    体長33㎝。羽がキジに似たまだら模様。ハト全般、シルエットは首が長く頭が小さい。デーデー・ポッポーと低い声で鳴く。

    場所: センター/作業小屋

  • hoge

    カワラヒワ【河原鶸】

    スズメ大。羽にある黄色模様は飛翔中もよく見える。木の頂上でキリキリ・コロロロと鳴き、繁殖期にはジューィとさえずる。こども広場の土俵の土をつつくのが好き。

    場所: 牧草地/花木園/センター

  • hoge

    コゲラ【小啄木鳥】

    スズメ大のキツツキ。背はこげ茶色に白模様。飛び立つときギーと鳴く。枯れたサクラの木に巣穴をさがすのも楽しい。エサさがしのためアカマツなどの樹皮をコツコツはがす。

    場所: 中央展望/センター/作業小屋

  • hoge

    シジュウカラ【四十雀】

    スズメ大。白いほっぺ。胸から腹にネクタイをつけたような黒いライン。ネクタイはオスのほうが太い。ツピン・ジジジジジと鳴く。繁殖期にはツツピ・ツツピと早いテンポでさえずる。

    場所: センター/花木園

  • hoge

    ソウシチョウ【相思鳥】

    スズメ大。中国大陸からペットとして持ち込まれ野生化した。ジジ・ジュジュと濁った声で鳴き、さえずりは高音で複雑な音色。中国語をしゃべっているように聞こえる。

    場所: 登山道/センター

  • hoge

    トビ【鳶】

    カラスよりも大きなタカ。ピーヒョロロロと鳴く。飛翔時、尾羽の先が内側に凹むのはタカの仲間でトビだけ。タカの識別の基本となる種。

    場所: つり橋/中央展望

  • hoge

    ハヤブサ【隼】

    カラス大。飛翔時、全体に白っぽく、翼のシルエットは先端が鋭くとがる。大人になると胸の模様はヨコ縞になるが、写真の個体は子供なのでタテ縞模様。

    場所: つり橋/中央展望

  • hoge

    フクロウ【梟】

    カラス大。ゴロスケホッホーと鳴く。夜に活動するため、姿を観察するのは難しい。フクロウ情報は夜間警備員が詳しい。写真は2016年1月、日中居眠りしていた珍現場をとらえたもの。

    場所: センター/カブ森

  • hoge

    ヒヨドリ【鵯】

    体長28㎝。ボサボサ頭に赤いホッペ。花の蜜を吸うためクチバシは細い。ピィーヨと鳴く。羽ばたきのオン・オフにより波状の軌道を描いて飛ぶ。10月頃群れで渡るものもいる。

    場所: 花木園/センター/カブ森

  • hoge

    ホオジロ【頬白】

    スズメ大。スズメより尾羽が長い。赤茶色の腰。尾羽の外側の端が白い。ヤブや原っぱでチチチと連呼する。春から秋にかけて木の先で複雑にさえずる。

    場所: 牧草地/花木園/中央展望

  • hoge

    メジロ【繍目児・目白】

    スズメより小さい。目の周囲に白縁。緑から黄色のグラデーションが美しい。鳴き声はチー・チュイ。繁殖期には長く複雑にさえずる。日本を代表する花蜜食の野鳥で、ウメやサクラに群がる。

    場所: 花木園/センター

  • hoge

    ヤマガラ【山雀】

    スズメ大。クリーム色のホッペに茶色のチョッキ。ニーニーニーと鳴く。ツーツーピー・ツーツーピーと、シジュウカラよりもゆったりしたテンポでさえずる。冬場はセンターのエサ台の常連客。

    場所: センター/花木園

  • hoge

    リュウキュウサンショウクイ【琉球山椒喰】

    ヒヨドリより少し小さくスリムな体型。ヒリリリリリ・ヒリリリリリと飛びながら鳴く。額の白模様の幅が広いのは亜種サンショウクイ。

    場所: 花木園/センター

夏鳥
Summer Bird

春から初夏にかけて東南アジアなどの南の国からやってきて、日本で繁殖活動をする鳥さんたち。
秋になると南の国へ帰っていきます。

  • hoge

    オオルリ【大瑠璃】

    スズメより少し大きい。オスの頭から背は美しい青色で腹は白。沢の近くの木の先で、ピーリーリーリー・ジェジェとさえずる。4月中旬頃油山にやってくる。

    場所: つり橋/水の森

  • hoge

    キビタキ【黄鶲】

    スズメ大。胸と腰が鮮やかな黄色。ピッピロピ・ピッピロピと繰り返しのリズムでさえずる。なわばりを巡回し、時に目の前にひょっこり現れることがある。4月中旬頃油山にやってくる。

    場所: センター/登山道/料金所

  • hoge

    サシバ【鶆鳩・差羽】

    カラス大のタカ。飛翔時、翼のシルエットはスマートで直線的。ピックイーと鳴く。4月中旬頃油山にやってくる。

    場所: つり橋/中央展望

  • hoge

    ツバメ【燕】

    スズメ大。額とノドが赤い。翼のシルエットは細くスマートで、尾羽が二股に分かれる。チュビチュビチュビチュビ・グィーとさえずる。3月下旬頃油山にやってきて売店に巣を作る。

    場所: センター/中央展望

  • hoge

    ホトトギス

    ヒヨドリ大。腹にヨコ縞模様。翼を広げるとシルエットや模様がタカに似る。「特許許可局」と言っているような声で鳴く。5月中旬頃油山にやってくる。ウグイスなどに卵を育てさせる「託卵」を行う。

    場所: 花木園/センター

  • hoge

    ヤブサメ【燕藪雨・藪鮫】

    スズメより小さい。目の上に白い眉状の模様。ウグイスに似るがヤブサメの方が尾羽が短い。シシシシシと虫のような声で、初めは弱く、だんだん強く鳴く。4月中旬頃油山にやってくる。

    場所: 登山道/水の森

冬鳥
Winter Bird

秋になるとシベリアなどとても寒い北の国からやって来て、日本で冬を過ごす鳥さんたち。
春になると北の国へ帰っていきます。

  • hoge

    アオジ【青鵐】

    スズメ大。胸や腹は黄色味。わき腹にタテ縞。腰は緑がかった茶色。尾羽の外側の端は白い。チェッと鳴く。ツツジの植え込みの中にいることが多い。11月上旬に油山にやってくる。

    場所: センター/料金所

  • hoge

    アトリ【花鶏・獦子鳥】

    スズメ大。オレンジ色の胸。腰は白い。キョキョキョ・ジューィと鳴く。モミジバフウやカエデの種を食べるため、50羽前後の群れになって木から木へ飛び交う。10月中旬頃油山にやってくる。

    場所: もみじ谷/センター

  • hoge

    ウソ【鷽】

    スズメ大。黒い頭。オスは赤いほっぺ。フィー…フィー…と口笛そっくりな声で鳴く。サクラの花の芽を食べ、道に食べかすがパラパラ落ちる。12月頃油山にやってくる。

    場所: 花木園/作業小屋/牧草地

  • hoge

    カシラダカ【頭高】

    スズメ大。頭にピンと立つ羽がある。胸に茶色のネックレス模様があり、腰は明るい茶色のまだら模様。チッと鳴く。11月頃油山にやってくる。油山牧場にはカシラダカの「なる」木がある。

    場所: 牧草地

  • hoge

    キクイタダキ【菊戴】

    スズメより小さい。日本で最少クラスの大きさ。頭の黄色が名前の由来。金属的な高い声でツリリリリと鳴く。ホバリングしながらヒノキやマツの枝で餌をとる。11月頃油山にやってくる。

    場所: 絹糸の滝/センター

  • hoge

    キセキレイ【黄鶺鴒】

    ヒヨドリより少し小さい。レモン色のお腹が特徴。飛びながらチチン・チチンと鳴く。油山では8月頃から翌2月頃まで沢の周辺や駐車場でよく観察できる。

    場所: 料金所/水の森

  • hoge

    クロジ【黒鵐】

    スズメより少し大きい。オスは全身黒色。メスはアオジに似るが、クロジは腰が赤茶色で尾羽の外側の端が白くない。金属的に高く細い声ツッと鳴く。警戒心が高く、暗い茂みにひそむ。

    場所: 料金所

  • hoge

    シメ【鳹・蝋嘴・此女】

    スズメより大きい。翼に白い帯。大きな頭に太いクチバシ。キッチッと鋭く鳴く。園内では冬から春、地上でエサ取りしている様子を観察できることがあるが、頻度はまれ。

    場所: 会えたらラッキー

  • hoge

    ジョウビタキ【常鶲・尉鶲】

    スズメ大。オスは白い頭、胸から腹がオレンジ色。翼に白い斑紋。ヒッヒッヒ・カカカと鳴きながら、尾羽をぷるると細かく振る。10月下旬頃油山にやってくる。

    場所: 花木園/牧草地

  • hoge

    チョウゲンボウ【長元坊】

    ハトより少し大きいハヤブサの仲間。飛翔時のシルエットは翼の先がとがり、尾羽が長い。尾羽の先端に黒くて太い帯が目立つ。冬に油山牧場で観察しやすい。

    場所: 牧草地

  • hoge

    ノスリ【鵟】

    カラス大のタカ。飛翔時、全体に白っぽく、シルエットは胴が太く翼が幅広でずんぐりむっくり。腹巻状の模様がある。冬に油山牧場で観察しやすい。

    場所: 牧草地/つり橋/中央展望

  • hoge

    ハイタカ【鷂・灰鷹】

    オスはハト大、メスはハトより大きいタカ。飛翔時、全体に白っぽく、シルエットは翼が短く尾羽が長い。羽ばたきと滑空をパタパタ・スー・パタパタ・スーと交互にくりかえす。

    場所: つり橋/中央展望

  • hoge

    シロハラ【白腹】

    ヒヨドリより小さい。白い腹。クチバシと目の周りが黄色。飛び立つ時にキョキョキョッと強く鳴く。地面をはねて移動しながら、落葉などをひっくり返してエサをとる。10月下旬油山にやってくる。

    場所: センター/花木園

  • hoge

    トラツグミ【虎鶫】

    ヒヨドリより少し大きい。全身まだら模様。夜、ヒー…ヒー…と幻想的な声でさえずる。油山では冬から春にかけてよく観察できる。4月頃、濃い霧の朝に声を聞くことがある。

    場所: 会えたらラッキー

  • hoge

    ツグミ【鶫】

    ヒヨドリより小さい。胸から脇腹はまだら模様。顔には白い眉状の模様。クワックワッと鳴く。草原に降り立ちエサをとる。11月中旬頃、油山にやって来る。

    場所: 牧草地

  • hoge

    ヒレンジャク【緋連雀】

    スズメより大きい。頭に長い羽が突き出す。尾羽の先が赤色。チリチリチリと鳴く。2013年1月に牧草地エリアに現れた。園内での観察はまれ。

    場所: 会えたら超ラッキー

  • hoge

    ビンズイ【便追・木鷚】

    スズメより大きい。胸から脇に黒いタテ縞。白い眉状の模様の先、こめかみのあたりに白い点がある。尾羽を上下にふる。10月中旬頃油山にやってくる。

    場所: 花木園/センター

  • hoge

    ベニマシコ【紅猿子】

    スズメ大。オスは顔、腹、胸が赤い。フィッポッとふた声鳴く。牧草地で草の種を食べる。油山での観察はまれ。

    場所: 牧草地

  • hoge

    マヒワ【真鶸】

    スズメより小さい。顔から胸が黄色。尾羽の先がV字にへこむ。ジュィーンと鳴く。数十羽の群れになって、モミジバフウやノグルミの種を食べる。10~11月頃油山にやってくる。

    場所: センター/牧草地

  • hoge

    ミサゴ【鶚】

    カラスよりも大きなタカ。飛翔時、全体に明るい白色。細く長い羽にネックレスのような胸の模様が特徴。油山では、周辺の池などで捕獲した魚を運搬する様子を秋冬によく観察できる。

    場所: つり橋/中央展望

  • hoge

    ミソサザイ【鷦鷯】

    スズメより小さい。日本で最小クラスの大きさ。茶色の体に黒や白の斑点。尾羽をピンと立てた姿勢が特徴。ジッ・ジッ・ジッと鳴く。油山では沢沿いで冬から春によく観察できる。

    場所: 水の森/カブ森

  • hoge

    ミヤマホオジロ【深山頬白】

    スズメ大。頭にピンと立つ羽がある。オスは顔とノドが黄色。腰は灰色。チッ・チッ・チルルルルと鳴く。地上で群れになってエサさがしをする。11月上旬に油山にやってくる。

    場所: センター/牧草地

  • hoge

    モズ【百舌・鵙】

    スズメより大きい。目の周りが黒い。オスは翼に白い斑紋。10~11月に高い木の先でキキキィーキィーキィー・キュンキュンと鳴く(高鳴き)。油山牧場の鉄線には「はやにえ」が並んでいる。

    場所: 花木園

  • hoge

    ルリビタキ【瑠璃鶲】

    スズメ大。オスは頭から背、尾羽が青い。腹は白く、脇腹はオレンジ色。ヒッヒッヒッ・グググと鳴く。暖かい日はヒッチュリチュリチュリリとさえずる。11月中旬頃油山にやってくる。

    場所: センター/作業小屋

旅鳥
Migratory Bird

春や秋の渡りの途中に休憩がてら油山に寄っていく渡り鳥。
気まぐれに来なかったりすぐ移動したりするので、見れたら超ラッキー!

  • hoge

    コマドリ【駒鳥】

    スズメ大。オレンジ色の顔。暗い林の中で、ヒン・カララララララとさえずる。名前の由来はこの鳴き声から。油山には4月頃、渡りの途中に1~2週間ほど立ち寄っている。

    場所: 絹糸の滝

  • hoge

    コムクドリ【小椋鳥】

    スズメより大きい。全体に白っぽく、群れを作って飛び交う様子は、キラキラと輝いているよう。キュルキュルと鳴く。9月頃、秋の渡りシーズンに油山に立ち寄る。

    場所: -

  • hoge

    サンコウチョウ【三光鳥】

    体はスズメより少し大きい程度だが、尾羽を含めるとオスは40㎝以上にもなる。クチバシと目の縁がコバルトブルー。チーチョ・ホイホイホイとさえずる。4月下旬から6月に声を聞くことがある。

    場所: 料金所

  • hoge

    センダイムシクイ【仙台虫喰】

    スズメより少し小さい。目の上に白い眉状の模様。頭の中央を縦断する白い線がある。チュピチュピ・グィーとさえずる。油山にはゴールデンウィーク頃、渡りの途中に立ち寄っている。

    場所: カブ森/花木園

  • hoge

    ハチクマ【八角鷹】

    カラスより大きいタカ。体の色は白っぽいものから黒っぽいものまで様々。飛翔時のシルエットは、翼は幅広、小さい頭がにゅっと突き出ている。秋分の日をピークに油山山腹の上昇気流にのって西へと渡っていく。

    場所: 中央展望/つり橋

  • hoge

    ブッポウソウ【仏法僧】

    ハトより少し小さい。全体に青緑色でクチバシと足が赤い。油山では2015年5月に第1駐車場の電線にとまっているところが観察されて以降、胸おどらせながら、もみじ谷に巣箱を設置した。

    場所: -

  • hoge

    マミチャジナイ【眉茶鶫(即/鳥)】

    ヒヨドリより小さい。白い眉状の模様。胸から腹は赤茶色。キョッキョッ・ツーと鳴く。油山では5月と11月頃の渡りシーズンに短期間立ち寄る。

    場所: -

  • hoge

    ムギマキ【麦蒔】

    スズメ大。ノドから胸にかけてオレンジ色。小さな眉状の白い模様。油山ではゴールデンウィーク頃、渡りの途中に短期間立ち寄る。

    場所: -

  • hoge

    エゾビタキ【蝦夷鶲】

    -

    場所: 絹糸の滝/花木園/カブ森

  • hoge

    コサメビタキ【小鮫鶲】

    -

    場所: 絹糸の滝/花木園/カブ森

写真提供:

野鳥観察ボランティア 「ヤマガラの会」

  • 酒井 浩二さん
  • 森永 光直さん
  • 日下 充さん


Access・Inquires アクセス・お問い合わせ
一般財団法人 
福岡市市民の森協会(指定管理者
〒811-1355 
福岡県福岡市南区大字桧原855-4
[管理事務所]
TEL
092-871-6969
FAX
:092-801-1463
MAIL
aburayama@shimi-mori.com
対応時間
:9時~18時(年中無休)
[自然観察センター]
TEL
092-871-2112
対応時間
:9時~16時30分(月曜休館)
交通アクセス